武雄市がニュース速報アプリの提供会社と連携協定

武雄市は災害時の市民の情報収集などに役立ててもらおうと、ニュース速報のアプリを提供する会社と連携協定を結びました。

武雄市役所で27日、連携協定の締結式が行われ、小松政市長と「JX通信社」の米重克洋社長が協定書に署名しました。

協定書によりますと、両者は会社が提供するニュースアプリを活用した地域情報の収集や発信、市民の安全安心の確保につながる共同検討を進めるとしています。

また、このニュースアプリを武雄市の防災アプリ「たけぼう」と連携することも検討するということです。

会社がこうした協定を結ぶのは、全国の自治体で武雄市が初めてです。

小松市長は「アプリの導入で、地域の防災力の向上と自助・共助・公助の強化を図っていきたい」と話していました。

一方、会社の米重社長は「武雄市は2度の災害を受け、災害対応とデジタル推進に積極的に取り組んでいる。災害の全容を的確に把握することが重要で、行政の災害対応の強化に貢献したい」と話していました。