在来線の特急が大幅減 鹿島市では地域経済への影響を懸念

在来線の特急が大幅減 鹿島市では地域経済への影響を懸念

西九州新幹線の開業にともなって、長崎本線の一部の区間は並行在来線となり、特急列車の本数が大幅に減る鹿島市では、地域経済への影響を懸念する声が広がっています。

並行在来線となる鹿島市の肥前鹿島駅では、これまで博多との間を結ぶ特急が1日に45本停車していましたが、新幹線の開業にあわせたダイヤ改正で、3分の1の14本にまで減少しました。

地元の鹿島商工会議所が特急減少の影響についてアンケート調査を行った結果、回答があった41社のうち、「影響が出る」と答えた企業が21社とおよそ半数に上りました。

企業からは「福岡方面への出張が不便になり、ビジネスへの影響は避けられず、移動手段を車に変更せざるを得ない」という声が寄せられたほか、地元の医療機関からは「福岡から通う非常勤医師の通勤に影響する」といった声も寄せられ、地域への影響は広範囲に及ぶ実態が浮き彫りになりました。

鹿島商工会議所の森孝一会頭は「これまで、福岡方面と鹿島市は1時間に1本から2本の特急で結ばれていたが、それが3分の1になって、地域の経済が大きな影響を受けることは疑いのないことだ」と話しています。

森会頭も、地元で取引先が全国にあるプレス機械のメーカーを経営していて、先月は50人余りの社員が、出張のため特急を利用したほか、全国の取引先から、およそ100人の担当者がJRを使って会社を訪問したということです。

森会頭は「博多との間をいつでも1時間あまりで行き来できる利便性が大きく損なわれることになり、取引先に『不便になった』というイメージを持たれることが懸念される」と話していました。

肥前鹿島と博多を結ぶ直通の特急は大幅に減ることになりますが、JR九州では、普通列車との乗り継ぎを行うことで、博多との間は1日に40本程度が確保されると説明しています。

ただ、市民からは「乗り継ぎの列車がわかりにくい」といった声があがり、鹿島市は、乗り継ぎがひと目でわかる時刻表を独自に作成し、市内のすべての世帯、1万1000戸に急きょ配布しました。

鹿島市の松尾勝利市長は「今回のダイヤの変更で、鉄道が不便だという印象が広がることが懸念されるが、市民の方々に乗り継ぎを含めた列車のダイヤを丁寧に伝えるなどして、利用の維持に努めていきたい」と話していました。