台風14号 佐賀県も一部が暴風域に(18時)

大型で非常に強い台風14号は鹿児島県付近を北上していて、佐賀県も一部が風速25メートル以上の暴風域に入ったとみられます。
暴風や高波に厳重に警戒し、夜間は高い場所や頑丈な建物で安全を確保してください。

大型で非常に強い台風14号は午後6時には鹿児島市付近にあって1時間に20キロの速さで北へ進んでいるとみられます。

台風は非常に強い勢力を維持したまま北上を続けていて、佐賀県内も一部が風速25メートル以上の暴風域に入ったとみられます。

このあと台風が佐賀県内に最も接近するのは19日明け方の見通しです。

台風の接近で風が強まっていて、唐津市で午後4時52分に29.3メートル、伊万里市で午後5時1分に28.2メートル、佐賀市で午後3時42分に25.1メートルの最大瞬間風速を観測しました。

19日にかけてさらに風が強まる見込みで、予想される最大風速は有明海で45メートル、唐津地区の沿岸の海域で35メートル、陸上で30メートル、最大瞬間風速は有明海で65メートル、唐津地区の沿岸の海域で50メートル、陸上で45メートルの見込みです。

また、海上の波の高さは唐津地区の沿岸の海域で7メートルとうねりを伴って大しけとなり、有明海でも4メートルと予想されています。

気象台は「特別警報を発表する可能性は低くなった」ものの、引き続き、厳重な警戒が必要だとしています。

台風周辺や本体の雨雲の影響で雨も強まり、19日にかけて1時間に降る雨の量は多いところで南部・北部ともに70ミリ、19日午後6時までの24時間に降る雨の量は南部・北部ともに300ミリと予想されています。

発達した雨雲が次々と連なる「線状降水帯」が発生するおそれもあります。

暴風やうねりを伴った高波、高潮、土砂災害、低い土地の浸水、川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。

夜間は無理な避難は控えて高い場所や頑丈な建物で安全を確保してください。