参院選の選挙違反で6件の警告 佐賀県警察本部

先月投開票が行われた参議院選挙で、佐賀県警察本部は、ポスター掲示に関する違反などで6件の警告を行ったと発表しました。

佐賀県警察本部は先月10日に投開票が行われた参議院選挙に合わせて取締本部を設置し、今月9日に解散しました。

取締本部では、公職選挙法の違反にあたるとして、合わせて6件の警告を行ったということです。

これは、前回・3年前の参議院選挙と比べて3件、少なくなっています。

警告の内容は、選挙期間中に規制されているポスターなど文書の掲示に関する違反が5件、チラシなど文書の頒布に関わる違反が1件となっています。

これらの選挙違反にあたる行為がどの候補者の陣営で行われたかなど、詳しい内容については明らかにされていません。