NHK全国放送コンテスト 佐賀清和高校がラジオの部門で優勝

放送部などで活動する全国の高校生たちがアナウンスや番組制作などの技術を競う「NHK杯全国高校放送コンテスト」の決勝が東京で行われ、ラジオドキュメント部門では佐賀県の佐賀清和高校の作品が優勝しました。

ことしで69回目となるコンテストには、全国1435の高校から1万1800人余りが参加しました。

新型コロナウイルスの影響でおととしは中止となり、去年もオンラインによる開催でしたが、ことしは感染対策を徹底した上で各地の予選を勝ち抜いた代表による決勝が3年ぶりに東京・渋谷のNHKホールで行われました。

審査の結果、▼ラジオドキュメント部門では、佐賀県の佐賀清和高校の『心をはこぶ』が、優勝作品に選ばれました。

テレビ番組の優勝作品は、Eテレで放送する「ティーンズビデオ2022」でまた、ラジオ番組の優勝作品は、FMで放送する「ティーンズラジオ2022」でそれぞれ紹介される予定です。