佐賀市などことし初の猛暑日 佐賀県に「熱中症警戒アラート」

佐賀県は30日も晴れて気温が上がり、佐賀市、嬉野市、白石町ではことし初めて最高気温が35度以上の猛暑日となりました。
1日の最高気温は佐賀市で38度と予想され、気象庁などは佐賀県にことし初めての「熱中症警戒アラート」を出して、外出はなるべく避けるなどの対策を呼びかけています。

気象台によりますと、佐賀県は30日も高気圧に覆われて強い日ざしが照りつけ、午前中から気温が上がりました。

日中の最高気温は、▽佐賀市で35.2度、▽嬉野市で35.1度、▽白石町で35度ちょうどを観測し、ことし初めて35度以上の猛暑日になりました。

また唐津市では6月としては観測史上最高の34度ちょうどを観測するなど、各地でことし最も高くなりました。

気象台によりますと、佐賀県は1日も高気圧に覆われ、さらに気温が上がる見通しで、最高気温は佐賀市で30日より3度近く高い38度と予想されています。

このため気象庁と環境省は佐賀県にことし初めて「熱中症警戒アラート」を発表しました。

外出をなるべく避け、エアコンを使って室内を涼しく保つなど熱中症に厳重に警戒してください。

【熱中症の疑い 2人病院に搬送】
消防によりますと、県内では30日午後5時までに、2人が熱中症の疑いで病院に搬送されたということです。

このうち、武雄市の80代の女性は自宅で頭がふらつくような症状を訴えたほか、鹿島市の70代の女性は農作業のあと休憩していたところ、意識がはっきりしなくなったため、それぞれ病院に搬送されたということです。