大雨災害を想定 鹿島市のダムで3つの警察署が合同救助訓練

大雨による災害を想定して、県西部の3つの警察署が14日、鹿島市のダムで合同の救助訓練を行いました。

鹿島市の中木庭ダムで行われた訓練には、去年も大雨による被害が出た、県西部を管轄する武雄警察署や鹿島警察署など3つの警察署と機動隊などから35人が参加しました。

訓練では、まず、大雨で増水した川に人が流されたという想定で、ゴムボートで現場に向かった警察官たちが、救助される役の人をボートに引き揚げて岸まで運びました。

また、大雨で浸水した地区に取り残された足の不自由な人を救助する想定の訓練では、車いすに乗って助けを求める人の姿をドローンや高台に設置したカメラからの映像で確認し、指示を受けた警察官が2そうのゴムボートで近づいて救助しました。

鹿島警察署の井上利彦署長は「署員の危機意識・対処能力の向上につなげられたが、課題も見つかったので、改善して万全な態勢で災害発生に備えたい」と話しました。