JR湖西線開通50周年 記念列車運行で乗車応募開始

JR湖西線が来月(7月)で開通50周年を迎えることから記念列車が運行されることになり、乗車の申し込みが始まりました。

滋賀県西部を走るJR湖西線は昭和49年に旧国鉄によって旧江若鉄道に代わる路線として整備され、来月(7月)20日に開通50周年を迎えます。
これに合わせて県や沿線自治体、JR西日本が1日限定の記念列車を運行することになり、乗車の申し込みを受け付けています。
来月20日に運行される記念列車は、▼京都駅から湖西線の近江今津駅まで乗車したのち、高島市のメタセコイア並木などの観光名所をバスで巡るツアーがセットになったコースのほか、▼滋賀県在住の人限定で京都駅や大津京駅などから福井県の敦賀駅までのコース、それに▼福井県在住の人限定で敦賀駅から大津京駅までのコースの3種類です。
いずれも記念列車乗車証などの特典が付くほか、当日、近江今津駅の一日駅長に県出身のアーティスト、西川貴教さんが就任し、列車を出迎えるということです。
三日月知事は「湖西線を好きになってもらい、利用促進や地域の活性化につなげていきたい」と話していました。
申し込みは専用サイトで6月30日まで受け付けていて、応募多数の場合は抽せんになるということです。