滋賀県 北陸新幹線にポスター広告「実は近い 滋賀 びわ湖」

滋賀県も北陸と滋賀県の近さを強調して観光客を呼び込もうと、ことし1月から北陸新幹線の車両の中にポスター広告を掲示しています。

ポスターには高島市の箱館山から撮影した花畑とびわ湖の風景とともに「実は近い 滋賀 びわ湖」ということばが記されています。
令和3年度に行った県の調査によりますと、滋賀県を訪れる観光客はほとんどが関西や東海からで、東京や福井から訪れる人はそれぞれ全体の1%台となっています。
滋賀の目の前の敦賀まで延伸する新幹線でいかに観光客を取り込めるのか、注目されます。
県シガリズム推進室の河崎直人室長は「JR西日本と連携して県内を周遊できる企画を考えているところです。せっかく鉄道で来ていただくので、鉄道を使って県内を回ってもらえるような企画を考えて、できるだけ早く皆様に紹介したい」と話していました。