ネット広告から投資話 湖南市の男性4500万円余詐欺被害

湖南市の男性がインターネットの広告にアクセスしたことをきっかけに投資話を持ちかけられ、4500万円あまりをだまし取られました。
警察は、特殊詐欺事件として捜査するとともに、注意を呼びかけています。

警察によりますと、ことし10月、湖南市の70代の男性がインターネットで有名投資家の主催とされる株式投資の講義を紹介した広告にアクセスしたところ、メッセージアプリに誘導され、投資家の助手を名乗る人物から「先生の指示に従って取り引きをすれば収益を得られる」などと投資話を持ちかけられました。
男性が指示された口座に1000万円を入金したところ、35万円の利益が出たようにサイト上に表示されたため、男性は投資の資金や手数料の名目で1か月ほどの間にあわせて4500万円あまりを振り込んだということです。
その後、男性は投資の資金を工面するために銀行に相談したことで金をだまし取られたことに気づき、警察が特殊詐欺事件として捜査しています。
警察は、インターネットで知り合った人物から持ちかけられた投資話は詐欺だとして、必ず警察に相談するよう呼びかけています。