風船のメッセージ「飛んで埼玉」に 長浜の小学生がお礼の手紙

映画「翔んで埼玉」の続編で滋賀県も注目されるなか、滋賀県長浜市の小学校から飛ばされた風船が埼玉県まで飛んだことがわかり、7日、小学生たちが知らせてくれた埼玉県の人にお礼のメッセージを書きました。

長浜市の古保利小学校では学校の創立150周年を記念して先月(11月)11日に、全校児童や地域の子どもたち、あわせて100人が思い思いのメッセージを書いたカードをとりつけた風船を学校から飛ばしました。
すると、およそ10日後に、埼玉県の人から児童のカードを見つけたことを知らせる手紙が学校に届いたということです。
手紙には、児童のカードを家の庭で見つけた愛犬の写真や、家族や友達と盛り上がったことなどが書かれたカードが同封されていました。
そこで学校では、手紙を送ってくれたお返しに全校児童でお礼のメッセージを送ることを決め、4年生と6年生のおよそ30人が、メッセージを書いたり、表紙につける絵を描いたりしました。
埼玉県まで飛んだカードを書いた4年生の川崎大維くんは「『メッセージが届いてとてもびっくりしたけど心がほっこりしました』と書きました。家族でも手紙や写真を送りたい」とうれしそうに話していました。
現在公開されている映画「翔んで埼玉」の続編では、埼玉県とともに新たに滋賀県もこきおろされていて、古保利小学校の井関香織教頭は、「映画の公開に合わせたような、まさに”風船が飛んで埼玉”で全校で盛り上がりました。返事を返してもらった喜びの気持ちを全校でお返ししたい」と話していました。
学校は、8日、全校児童のメッセージを埼玉県に送ることにしています。