大津の養鶏場 鳥インフルエンザ発生の疑い

18日、大津市の養鶏場で、複数のニワトリが死んでいるのが見つかり、簡易検査の結果、鳥インフルエンザに感染している疑いがあることがわかりました。
滋賀県は、詳しい遺伝子検査を進めていて、感染が確認されれば、この養鶏場のニワトリおよそ4000羽を処分することにしています。

滋賀県によりますと、18日午後、大津市の養鶏場で複数のニワトリが死んでいるのが見つかり、県が鳥インフルエンザの簡易検査を行ったところ、13羽中、9羽から陽性反応が確認されたということです。
滋賀県は、詳しい遺伝子検査を進めていて、結果は19日の昼ごろに判明する見込みです。
検査で、致死率の高い高病原性の鳥インフルエンザへの感染が確認された場合、滋賀県は、この養鶏場で飼育されているニワトリ、およそ4000羽の処分を始めることにしています。
滋賀県によりますと半径3キロ以内に別の養鶏場はないということですが、結果が判明するまでの間、この養鶏場には卵の出荷やニワトリの移動を自粛するよう求めているということです。
感染が確認された場合、滋賀県での鳥インフルエンザの発生は、令和2年12月以来となります。