“宇宙から戻る費用を” 東近江市の女性がSNSで詐欺被害か

国際宇宙ステーションで勤務する外国人を名乗る人物から「日本に着いたら結婚してほしい」などと言われ、地球に戻るためのロケット費用などの名目で、東近江市の女性が現金およそ440万円をだまし取られたことがわかり、警察は、詐欺事件として捜査しています。

警察によりますと、被害に遭った東近江市の65歳の女性は、ことし6月、国際宇宙ステーションに勤務する外国人男性を名乗る人物とSNSを通じて知り合いました。
その後、「日本を拠点にしたい。日本に着いたら結婚してくれませんか」とか「1000回言っても伝わらないけど、言い続ける。愛している」などとメッセージが相次いで届き、地球に戻るためのロケットの費用や着陸料などの名目で、現金を振り込むよう要求されました。
女性は、話を信じてしまい、先月までのおよそ1か月間に、5回にわたって現金あわせておよそ440万円を振り込みましたが、その後も要求が続いたため、不審に思い、警察に届け出たということです。
SNSなどで知り合った相手に、外国人を名乗って恋愛感情を抱かせ、一度も会わないまま多額の金をだまし取る手口の「国際ロマンス詐欺」は、各地で被害が相次いでいて、警察は、詐欺事件として捜査するとともに注意を呼びかけています。