国の「全国旅行支援」11日から滋賀県内でも開始

政府の観光需要の新たな喚起策、「全国旅行支援」について滋賀県は、期間初日の今月11日から県内でも開始すると発表しました。

「全国旅行支援」は、都道府県内などでの旅行を促す「県民割」に代わって、政府が全国に対象を拡大して導入するものです。
実施時期などについては都道府県が判断することになっており、滋賀県は初日の今月11日から12月20日の宿泊分まで実施すると発表しました。
割り引きは、旅行代金で1人1泊あたり最大で8000円、クーポン券も含めると、最大で1万1000円で、利用するには3回のワクチン接種歴か陰性証明の提示が必要になります。
また、これに伴って県内旅行の代金を割り引く「県民割」は今月10日で終了するということです。
県観光振興局は、「この機会に滋賀県を旅行先に選んでもらえるよう、滋賀の魅力のPRに努めたい」と話しています。