新型コロナ 滋賀県172人感染確認 約3か月ぶり100人台

滋賀県は、3日、県内で新たに172人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
100人台は7月以来およそ3か月ぶりです。

発表された172人のうち、医療機関から報告があった感染者数は92人で、残る80人は自主検査などで感染を確認し、県の「陽性者登録センター」に登録した人たちです。
1日の感染者数が100人台になったのは、ことし7月4日の174人以来およそ3か月ぶりで、先週の同じ曜日に比べておよそ270人少なくなっています。
また、亡くなった人の発表はありませんでした。
県内の病床の状況です。
現在入院している人は140人で、2日から16人増えました。
中等症は27人で、2日に比べて2人減りました。
病床の使用率は34.1%で、2日に比べて3.9ポイント上がっています。
また、宿泊施設で療養している人は24人で、2日に比べて8人減りました。