新型コロナ 滋賀県で新たに440人の感染確認 1人が死亡

滋賀県は26日、県内で新たに440人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。

26日に発表された自治体別の新規感染者数は、▼大津市が125人、▼草津市が52人、▼守山市が24人、▼甲賀市が28人、▼東近江市が71人などとなっています。
県内全体では440人の感染が発表され、先週の同じ曜日に比べて80人あまり少なくなっていて、4日連続で1000人を下回っています。
また、80代の男性1人の死亡が確認され、亡くなった人は315人となりました。
現在の感染者は5367人で、このうち5175人が自宅療養か自宅待機です。
重症は2人で、中等症は30人です。
病床の使用率は30.5%となっています。