新型コロナのオミクロン株対応ワクチン 滋賀県でも接種始まる

新型コロナウイルスのオミクロン株に対応したワクチンの接種が滋賀県でも始まり、草津市では、26日から医療機関での接種が始まりました。

草津市内の医療機関では、26日から個別接種が始まり、このうち草津ハートセンターでは、事前に予約した人たちが次々と訪れ、医師から説明を受けたあと、接種を受けていました。
滋賀県では、オミクロン株に対応したワクチンの接種対象を、12歳以上で、前回の接種から5か月以上が経過している人のうち、4回目の接種券が発行されていて、まだ接種を受けていない人などとしています。
接種を受けた草津市の70代の男性は「ワクチン接種は4回目です。打った瞬間ではこれまでのものと違いはわからないけど、効果があることを期待しています」と話していました。
草津ハートセンターの許永勝院長は「オミクロン株に対応したワクチンは、従来の株にも有効です。ウイルスは変化してくので、それに対応していく必要があります」と話していました。
滋賀県によりますと、県内の自治体は、来月以降に集団接種が始まるところが多く、今後、オミクロン株対応のワクチン接種が本格化する予定です。