滋賀県 初の県立高等専門学校 野洲市に設置の方針

検討が進められてきた滋賀県内初の県立高等専門学校の設置場所について、滋賀県が野洲市の県有地と隣の国有地に設置する方針を固めたことが関係者への取材でわかりました。

高等専門学校は、専門的な知識や技能を習得できる5年制の教育機関ですが、滋賀県には設置されておらず、県は、令和9年春の開校を目指して設置計画を進めています。
この高専の設置場所について、県は、野洲市市三宅の県有地と国有地あわせて15万平方メートルの野洲川跡地に設置する方針を固めたことが関係者への取材でわかりました。
この場所は、敷地が広く使えるほか、JR野洲駅から1.3キロほどと利便性もよく、周辺に立地する大手企業の事業所との連携も期待できるとして、県がことし6月、県有地の中では最も適しているとしていました。
設置場所については、野洲市のほか、誘致を目指す彦根市や長浜市など合わせて9つの市から市有地や民有地などの提案が寄せられ、県が選考作業を進めていました。
県は、今月20日の県議会で、設置場所などについて、正式に説明することにしています。