「BIWAKO湖フェス」開催 びわ湖で水上スポーツ楽しむ

びわ湖で、水上スポーツの魅力を知ってもらおうというイベントが開かれ、家族連れなどが初めての体験を楽しんでいました。

「BIWAKO湖(うみ)フェス」と名付けられたこのイベントは、大津市のびわ湖岸で開かれ、5種類の水上スポーツの無料体験が行われました。
このうち、ボードの上に立ってパドルを使って進む「SUP(さっぷ)」と呼ばれるスポーツでは、体験した人は、初めは水上に浮かべたボードの上に座るのがやっとのようでしたが、慣れてくるとボードの上に立ち上がり、バランスをとっていました。
また、自転車の両脇にフロートをつけた「アクアポタリング」と呼ばれる乗り物は初心者でも乗りやすく、体験した人たちは、景色も楽しみながら、水上をすいすいと進んでいました。
会場には、大勢の親子連れなどが訪れ、初めて体験する水上スポーツを楽しんでいました。
おばと一緒に参加した10歳の女の子は「初めは怖かったけど、うまく立つことができて楽しかったです」と話していました。
子どもと訪れた37歳の男性は「コロナで中止になるイベントも多いので、きょうは外で体を動かしていい体験ができました」と話していました。