滋賀 断続的に激しい雨 18日昼前にかけ土砂災害など警戒

滋賀県内は大気の状態が非常に不安定になっていて、甲賀市信楽では17日昼前、8月としては観測史上最も多い1時間に50ミリ近い雨が降りました。
気象台は18日昼前にかけて土砂災害などに警戒するよう呼びかけています。

気象台によりますと、県内は、暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で大気の状態が非常に不安定となっていて、断続的に激しい雨が降っています。
甲賀市信楽では午前11時40分までの1時間に8月としては観測史上最も多い49.5ミリの激しい雨が降りました。
また、16日の降り始めから午後4時までの雨量は▼甲賀市信楽で134ミリ、▼甲賀市土山で120.5ミリ、などとなっています。
この雨で、甲賀市では17日昼ごろ、信楽町の住宅の裏にあるのり面の一部が崩れたという連絡が2件入ったということです。
いずれもけが人などの被害はないということです。
また、甲賀市内を走る信楽高原鉄道は17日昼前から運転を見合わせていて、18日に線路の点検を行って、安全が確認でき次第、運転を再開するということです。
また、甲賀市は、17日午後1時半に市内の小学校や市民センターなどあわせて25か所に避難所を開設しました。
市は暗くなる前に早めの避難を呼びかけています。
県内は、18日昼前にかけて大気の不安定な状態が続き、18日は局地的に雷を伴って多いところで1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。
18日午後6時までの24時間の雨量は、北部・南部ともに多い所で100ミリと予想されています。
気象台は土砂災害や河川の増水・氾濫に警戒するとともに、低い土地の浸水に十分注意するよう呼びかけています。