長浜市余呉町で非常に激しい雨 昼前にかけ土砂災害に警戒

滋賀県内は大気の状態が非常に不安定になっていて、長浜市余呉町で非常に激しい雨が降りました。
気象台は昼前にかけて土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけています。
気象台によりますと、滋賀県内は温かく湿った空気や上空の寒気の影響で大気の状態が非常に不安定になっています。
長浜市余呉町柳ケ瀬では午前4時までの1時間に50.5ミリの非常に激しい雨が降り、13日夜10時の降り始めから14日午前6時までに99.5ミリの雨を観測しました。
これまでの雨で長浜市では土砂災害の危険性が非常に高まっているとして土砂災害警戒情報が発表されています。
また、長浜市内を流れる高時川と姉川では水位が上がり、氾濫警戒情報が出されています。
滋賀県内では14日夜遅くにかけて大気の不安定な状態が続き、局地的に雷を伴って1時間に40ミリの激しい雨が降るおそれがあります。
15日午前6時までの24時間に予想される雨の量は、多い所で、北部・南部ともに80ミリとなっています。
気象台は昼前にかけて土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけています。