投資話もちかけられた大津市の男性 1800万円詐取されたか

メッセージアプリで知り合った女性から投資話をもちかけられた大津市の会社員の男性がおよそ1800万円をだまし取られ、警察が詐欺事件として捜査しています。

警察によりますと、大津市の会社員の男性(63)は、ことし4月、メッセージアプリで知り合ったシンガポール在住だという女性から、共同で投資をしないかと誘われて、ことし5月から今月初旬にかけて、8回にわたって合わせて1800万円分の暗号資産を送付し、だまし取られたということです。
男性は今月9日、1000万円近く増えていた資産の一部を引き出そうとしたところ、「資産が凍結された」というメールが届いたことから被害に気づいたということです。
男性は、警察に被害届を提出し、警察が詐欺事件として捜査しています。
県内では、ことし2月にもマッチングアプリで知り合った男性から投資話をもちかけられた東近江市の女性がおよそ1300万円をだまし取られるなど、SNSを使って投資を持ちかけられる詐欺被害が相次いでいます。
警察は、メッセージアプリやマッチングアプリで知り合った人が投資を持ちかける話は詐欺の可能性が高いとして、注意を呼びかけています。