マッチングアプリで投資詐欺か東近江の女性が1300万円被害

マッチングアプリで知り合った男性から投資話をもちかけられた東近江市の女性がおよそ1300万円をだまし取られ、警察が詐欺事件として捜査しています。

警察によりますと、東近江市の無職の女性(30)はことし2月、マッチングアプリで知り合った外国人を名乗る男性とやりとりをするなかで、投資で得たという多額の現金の画像を見せられた上で、投資用のアプリを勧められたということです。
女性がアプリを使って指定された口座に5万円を振り込むと、翌日には1万円の配当があったことから、女性はさらにおよそ1300万円を振り込んだということです。
その後、女性が金を引き出そうとしたところ、振り込みには300万円の手数料が必要だと言われたことから被害に気づいたということです。
女性は、警察に被害届を提出し、警察が詐欺事件として捜査しています。
警察はマッチングアプリで知り合った人が投資を持ちかける話は、詐欺の可能性が高いとして注意を呼びかけています。