新型コロナ 滋賀県で新たに2025人の感染確認 4人が死亡

滋賀県は8日、県内で新たに2025人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
県内の感染者数は13日連続で2000人を上回りました。
6日は2655人で、土曜最多、7日は2271人でした。
感染が確認された人はあわせて14万7985人になりました。
また、70代から90歳以上の男女4人の死亡が確認され、亡くなった人は241人となりました。
現在の感染者は2万4012人で、このうち2万3470人が自宅療養か自宅待機です。
重症は1人で、中等症は90人です。
病床の使用率は74.9パーセントです。
新規感染者の自治体別の内訳は、▼大津市が789人、▼草津市が142人、▼東近江市が229人、▼近江八幡市が180人などとなっています。