台風4号 滋賀県に6日朝にかけ最接近の見込み 災害に注意を

台風4号は、6日明け方から朝にかけて滋賀県に最も接近する見込みで、県内では、5日夕方から6日にかけて大雨になるおそれがあり、気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意するよう呼びかけています。

気象台によりますと、台風4号は東シナ海を北上していて、今後、次第に進路を東寄りに変えて、6日明け方から朝にかけて滋賀県に最も接近する見込みです。
県内には、南からの暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の不安定な状態が続く見込みで、台風本体とは別の発達した雨雲によって、台風が接近する前から大雨となるおそれがあります。
県内は、5日午後から雨が強まり、夜のはじめごろから6日明け方にかけて、特に鈴鹿山脈沿いや伊吹山地沿いを中心に、1時間に30ミリの激しい雨が降るおそれがあります。
5日午後6時までの24時間に降る雨の量は、多い所で北部、南部ともに80ミリと予想され、その後、6日午後6時までの24時間に降る雨の量は多い所で、北部、南部ともに100ミリから150ミリと予想されています。
気象台は、台風の進路が予想より北側を通った場合、大雨警報や洪水警報を発表する可能性があるとして、最新の台風情報を参考にするよう呼びかけているほか、土砂災害や低い土地の浸水、それに河川の増水に十分注意するよう呼びかけています。