滋賀県 知事と県議42人の去年の所得公開

去年1年間の知事と県議会議員の所得が4日に公開され、三日月知事の所得は1899万円、県議会議員の所得の平均は1376万円でした。

知事や県議会議員の所得や資産などは、県の条例に基づいて、毎年、公開されています。
三日月知事の去年1年間の所得は1899万円で、前の年より2万円減りました。
内訳は、知事としての給与が1897万円、講演料や原稿料、それに株式の配当が合わせておよそ1万8千円でした。
一方、県議会議員42人の所得の平均は1376万円で、前の年より30万円増えています。
所得が最も多かったのは、▼甲賀市選挙区選出の自民党の村上元庸議員で、理事長を務める医療法人の報酬を含め2957万円でした。
次いで、▼草津市選挙区選出で自民党の白井幸則議員が役員を務める会社などの報酬と不動産所得を含め2834万円、▼高島市選挙区選出で無所属の清水鉄次議員が役員を務める会社の報酬と不動産所得を含め2322万円でした。
所得や資産に関する報告書は、知事については県庁の県民情報室で、県議会議員については議会図書室で、それぞれ閲覧できます。