東近江の旧家の蔵からエジソンの手紙 発明家どうしの交流示す

アメリカの発明家エジソンの手紙が滋賀県東近江市の旧家の蔵から見つかりました。
いわゆる「ガリ版印刷」を開発した滋賀出身の発明家に宛てたもので、地元の博物館では発明家どうしの交流を示す貴重な資料だとしています。

手紙は明治時代、エジソンの発明を参考に簡易な印刷機、いわゆる「ガリ版印刷」を父とともに開発した堀井新治郎の東近江市にある本家の蔵から見つかりました。
1922年2月16日付けで、「誕生日を覚えていてくださり、とてもうれしく思います。お祝いの言葉と気持ちをありがとうございます」などと英文でつづられ、最後にエジソンの直筆のサインが記されています。
手紙を見つけた近江商人博物館によりますと、手紙の日付けの5日前に渋沢栄一が会長を務めるエジソンの75歳の誕生会が東京で開かれており、堀井新治郎がこれに関連して送った祝辞への返礼と考えられるということです。
今回、ほかにもエジソンに送った病気を見舞う手紙の控えや、見舞いに対するエジソンからの礼状など7点の資料も見つかったということです。
近江商人博物館の上平千恵学芸員は「エジソンとの交流を示す記録が出てきたのは初めてで非常に大きな発見だ。今後多くの方に見てもらいたい」と話しています。
エジソンの手紙や資料は、来月地元で公開される予定です。