歴代名護市長が見た辺野古移設の“現在地” 

玉城知事は普天間基地の名護市辺野古への移設工事を承認するかどうか判断を迫られていますが、この問題の始まりは日米両政府によって普天間基地の返還が合意された27年前にさかのぼります。その後、地元の名護市は移設をめぐって翻弄され続けてきました。名護市のトップを務めてきた人たちは今、何を思うのか。宮原啓輔記者が取材しました。