中学3年の男子生徒 海で溺れ意識不明の重体 読谷村

24日夕方、読谷村の海岸で同級生と一緒に泳いでいた中学3年の男子生徒が溺れ、病院に搬送されましたが、意識不明の重体となっています。

警察によりますと、24日午後4時半ごろ、読谷村高志保の海岸で、村内に住む15歳の中学3年の男子生徒が、水深2メートルほどのところに沈んでいるのを一緒に泳いでいた中学校の同級生が発見しました。

その後、男子生徒は近くにいた人に救助され、駆けつけた消防によって病院に搬送されましたが、意識不明の重体となっています。

警察によりますと、男子生徒と同級生は、24日の昼すぎからこの海岸で泳いでいたということです。

現場は岩場が点在している海岸で、警察が当時の状況を詳しく調べています。