河野元衆院議長と玉城知事ら中国李強首相と会談

北京を訪問している河野洋平元衆議院議長と玉城知事らは5日、中国の李強首相と会談しました。
会談後、玉城知事は、新型コロナウイルスの影響で運休している沖縄と中国の航空便の再開などを求めたことを明らかにしました。

玉城知事も参加し、河野洋平元衆議院議長が会長を務める友好団体「日本国際貿易促進協会」の一行らおよそ80人は5日、北京で、中国共産党の序列2位で習近平国家主席と関係が深いとされる李強首相と会談しました。

団体の事務局によりますと、この中で李首相は「両国で一致団結して、ともに困難を乗り越えるべきだ」などと述べ、経済関係を強化する意向を示しました。

一方、日本が今月23日から先端半導体の製造装置の輸出管理を厳しくする措置を行うことに触れ、「世界経済を妨害するものだ。中国の発展は日本などのリスクにはならない」として懸念を示したということです。

これに対し、河野元議長は今月1日に施行された改正「反スパイ法」や大手製薬会社の駐在員が中国当局に拘束されていることを念頭に、「中国と経済交流をしたいという人たちのモチベーションを下げないようくれぐれもお願いしたい」と述べ、対処を求めたとしています。

また、玉城知事は会談後、記者団に対し「活発な交流が早期に回復し、さらに互恵的に双方の国と地域が発展することを希望すると伝えた」と述べ、新型コロナの影響で運休している沖縄と中国の航空便の再開と、日本から中国を訪問する際のビザ手続きの簡素化を求めたことを明らかにしました。

李首相からは航空会社や関係部門に指示をして環境を改善していきたいという回答があったということで、玉城知事は「沖縄県からさまざまな地域交流を促進していくことについて答えをもらったという意味では非常に有意義だった」と述べました。