名護市の動植物園でナマケモノの命名式 ポノと命名

名護市の動植物園に、去年12月から仲間入りしたメスの「ナマケモノ」の名前が決まり、25日、命名式が行われました。

名護市の動植物園、「ネオパークオキナワ」に、去年12月から、メスの「フタユビナマケモノ」1頭が仲間入りし、来園した人から名前を募集していました。

25日は命名式が行われ、飼育員が、「ポノ」と発表しました。

「ポノ」は、ハワイのことばで平和を意味し、みんなが元気に過ごせますようにとの願いが込められているということです。

「ポノ」は、体の大きさが手足を伸ばすと1メートルほどあり、飼育員から好物のサツマイモやキュウリなどが与えられるとおいそうに食べたあと、ゆっくりと木を伝っていました。

大阪から観光で訪れた家族連れは、「こんなに近くから見るのは初めてで、かわいいです」と話していました。

ネオパークオキナワ動物管理部の井原大煕さんは、「ポノは好奇心が旺盛なので、眠くないときは、お客様に手を伸ばしてくる」と話していました。