ステーキ店で客2人がやけど 火使う調理法「フランベ」披露で

今月18日、沖縄県豊見城市のステーキ店で火を付けてアルコールを飛ばす「フランベ」という調理法が披露された際、客の40代の父親と5歳の息子が顔や手にやけどを負いました。
警察によりますと担当のスタッフが手順を間違え2人まで炎が広がったとみられるということです。

消防によりますと今月18日午後7時40分すぎ豊見城市のステーキ店から「5歳の男の子がやけどを負った」と通報がありました。

消防が駆けつけたところ、ステーキ店を訪れていた客の40代の父親と5歳の息子が顔や手にやけどを負っていて病院に搬送されました。

いずれも命に別状はないということです。

警察によりますと、当時、店内では客の目の前にある鉄板で、ステーキに香りをつけるためにアルコール度数の高い酒をかけ、火を付けてアルコールを飛ばす「フランベ」という調理法が披露されていたということです。

その際、担当のスタッフが手順を間違え2人まで炎が広がったとみられるということです。

ステーキ店の運営会社によりますと、この店舗では22日から3日間の予定で営業を休止し原因を調べることにしていて、ほかの系列の店舗では、「フランベ」の披露を中止しているということです。

運営会社は「詳細を確認中です」とコメントしています。