県高校野球秋季大会 沖縄尚学が2年ぶり10回目の優勝

県高校野球秋季大会 沖縄尚学が2年ぶり10回目の優勝

県高校野球秋季大会の決勝が2日、沖縄市で開かれ、沖縄尚学が日本ウェルネスを10対3で破って2年ぶり10回目の優勝を決めました。

試合は1回、日本ウェルネスがツーアウトランナー1塁2塁とし5番の大浜がフェンス直撃のタイムリーツーベースヒットで2人が帰って先制します。

追う沖縄尚学は3回、ワンナウト満塁の場面で、3番の仲田が走者一掃のタイムリーツーベースヒットを放って逆転します。

この回、沖縄尚学は打者一巡の猛攻で6対2とします。

沖縄尚学の先発でエースの東恩納は3回にソロホームランを打たれるもののその後は安定したピッチングで日本ウェルネス打線を押さえて完投しました。

試合は沖縄尚学が10対3で日本ウェルネスを破って2年ぶり10回目の優勝を決めました。

決勝に進んだ2校は来年春のセンバツ高校野球の出場校選考の参考となる秋の九州大会に出場します。

秋の九州大会は10月22日から沖縄県で開かれます。