両陛下「国民文化祭」などに出席 10月に沖縄県訪問へ

天皇皇后両陛下は、「国民文化祭」などの開会式に出席するため、10月、沖縄県を訪問されることになりました。
両陛下が泊まりがけで地方を訪問されるのは、およそ2年11か月ぶりになります。

宮内庁によりますと、両陛下は、10月22日から23日の2日間の日程で沖縄県を訪問し、このうち23日の午前中には宜野湾市で行われる「国民文化祭」と「全国障害者芸術・文化祭」の開会式に臨まれます。

皇后さまの体調に支障が出た場合は、天皇陛下お一人で訪問されます。

「国民文化祭」は、両陛下が出席される恒例行事の1つですが、新型コロナウイルスの影響で去年は、延期されたおととしの分も含めていずれもオンラインでの開催でした。

両陛下は、エリザベス女王の国葬への参列のため9月、イギリスを訪問したほか、10月1日には栃木県で開かれる国民体育大会の開会式に出席する予定ですが、泊まりがけでの地方訪問は、令和元年11月に奈良県などを訪問されて以来、およそ2年11か月ぶりになります。

また、天皇陛下が沖縄県を訪問されるのは、皇太子になる前の昭和62年の初訪問以来これが6回目で、両陛下での訪問は、皇太子時代の平成9年以来になります。

玉城知事は「沖縄復帰50周年の節目に、『美ら島 おきなわ文化祭2022』を開催できますことは、沖縄の文化を県内外へ発信するとともに、我が国における文化の多様性を感じていただくうえで、大変意義深いものであると考えており、同大会に天皇皇后両陛下の御臨場をいただけることは、関係者はもとより沖縄県民にとってこの上ない大きな喜びとなります。天皇皇后両陛下にはこのたびの御来県を県民挙げて歓迎申し上げますとともに、広く県民とのふれあいを深めていただき、思い出深いものとなりますよう心からお待ち申し上げます」とする謹話を発表しました。