沖縄県本島地方 大気不安定 落雷や突風など十分注意

沖縄本島地方は26日夜遅くまで大気の状態が非常に不安定となる見込みで、気象台は本島では26日夜はじめごろまで、久米島では26日夜遅くにかけて落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に十分注意するよう呼びかけています。

沖縄気象台によりますと沖縄本島地方は気圧の谷の影響で26日夜遅くまで大気の状態が非常に不安定となる見込みです。

NHK沖縄放送局に設置しているカメラの映像では午後4時45分ごろ、慶良間諸島の周辺で積乱雲がいくつも発達して海の上に雨が降っている様子が確認できました。

気象台は、沖縄本島では26日夜はじめごろにかけて、久米島では26日夜遅くにかけて、落雷や竜巻などの激しい突風による被害が起きるおそれがあるとして、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に十分注意するよう呼びかけています。