医療従事者のコロナ感染で人手不足「沖縄県内の医療は壊滅的」

新型コロナの感染が収まらない中、沖縄県内の医療機関では、医療従事者が感染するなどして人手が不足するだけでなく、観光客の救急対応にも追われ、医療のひっ迫に拍車をかけています。
医師は「破滅的な状態になっていると言わざるを得ないと思う」と危機感を訴えています。

沖縄県豊見城市にある新型コロナの重点医療機関の「友愛医療センター」では、12日現在、医師や看護師などおよそ1400人いる医療従事者のうち、およそ80人が感染したり濃厚接触者になったりして勤務できない状態になっていて、緊急性の低い手術を延期しています。

先月の救急の受け入れは576件と、毎月の平均を3割ほど上回り、搬送を断ったのは203件と去年7月の17件のおよそ12倍に上っています。

12日午前10時現在、新型コロナ患者向けに確保している軽症と中等症の24床、重症の5床がすべて埋まっています。

医療体制が厳しい状況にある中、沖縄県内にはことしは多くの観光客が訪れ、新型コロナに感染したり、けがをしたりするなどして病院に運ばれることで、さらに負担が増えているということです。

また、県内で感染が確認された観光客が療養先を確保できず、宿泊療養施設に入るケースも増えている一方、沖縄に住む人は宿泊療養施設に入りにくくなっているということです。

友愛医療センター救急科の山内素直部長は、現在の医療の状況について「壊滅的、絶望的で、破滅的な状態になっていると言わざるを得ないと思う。状況は悪化していて今の沖縄では、観光客の方がコロナになったりもしくは急な病気やけがになってもすぐに見てもらえる病院を探すのは非常に困難で入院することもできない。自分が旅行先でそういう事態になったときに本当に大丈夫なのか。自分がそこの土地に行くことで周りの人たちにどういう影響を与えるのかをしっかり考えて自分の行動を決めてほしい」と話しています。

【宿泊療養施設での療養者】

沖縄県によりますと、県が確保した県内の宿泊療養施設で先月24日から31日に療養していたのは758人で、このうち県外に住むのは195人と、率にして25.7%を占めます。

沖縄県は、県外からの観光客などが感染した場合、宿泊先のホテルで延泊し、療養するように求めていますが、ほかの予約で埋まっているなどして延泊できない場合は優先的に宿泊療養施設に入れています。

地域別では、本島中南部では988室の宿泊療養施設に660人が入っていて、このうち県外に住むのは129人で率にして19.5%、本島北部は60室の宿泊療養施設に27人が入っていて、このうち県外に住むのは14人で率にして51.9%、宮古は77室の宿泊療養施設に36人が入っていて、このうち県外に住むのは23人で率にして63.9%、八重山は55室の宿泊療養施設に35人が入っていて、このうち県外に住むのは29人で率にして82.9%です。

特に、宮古・八重山の離島地域で県外に住む療養者の割合が多くなっています。

新型コロナに対応している医師などによりますと、宿泊療養施設を新たに確保することは難しく、県外に住む感染者がさらに増えた場合、宿泊療養施設が満室になり、療養先がなくなることが懸念されています。

また、友愛医療センターによりますと、沖縄に住む人が宿泊療養施設に入る場合は、4日から5日かかるということで、重症化リスクなどがあってもすぐに入れない状況になっているということです。

【自宅で倒れた男性は】

新型コロナの感染者の対応にあたっている沖縄県豊見城市の「友愛医療センター」が今月9日に撮影した映像です。

感染した69歳の男性が自宅で意識がなく倒れた状態で見つかり、ドクターカーが出動しました。

出動したドクターカーからは男性の受け入れが出来るか病院に問い合わせがあり、医師はいったん「重症者も軽症者も取れない」と答えました。

しかし、ほかに受け入れられる病院がなく、緊急の手術が必要になったため、この病院に搬送され、気管に挿管するなど対応に追われていました。

一方、感染の疑いがある観光客の家族も搬送され、検査の結果、陽性であることがわかったため、県が確保した宿泊療養施設のホテルに向かいました。