マスク未着用でせきで拡大か 健康診断会場でクラスター発生

マスク未着用でせきで拡大か 健康診断会場でクラスター発生

那覇市は10日、1歳6か月児向けの健康診断に従事していたスタッフ4人と母親と別の子どものあわせて6人が感染するクラスターが発生したと発表しました。

保健所では新型コロナに感染していた母親が、マスクのひもが切れて10分間ほどマスクを着用しないでいた間、せきをしていたことなどによって感染が広がったとみています。

那覇市保健所の発表によりますと8月4日に那覇市金城にある施設、ともかぜ振興会館で行われた1歳6か月児向けの健康診断を受診した子どもの母親が翌日になって新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。

この母親は、会場でマスクをしていたものの、途中でひもが切れてしまい、10分間ほどマスクを着用していなかったということです。

その後、保健師が気づき母親にマスクを渡しましたが、10日までの間に、健康診断に従事したスタッフ4人と別の子ども1人が感染し、保健所は最初に感染した母親を含めるとあわせて6人が感染したクラスターが発生したとしています。

保健所は、母親以外の陽性者への聞き取り調査から健診会場以外での感染の可能性は低いとし、母親がマスクをしていない間、せきをしていたことなどによって感染が広がったとみています。

施設の空気の流れに停滞はなく、換気に問題はなかったとしていますが、保健所は今後、感染対策を強化するとしています。