兄を包丁で刺した疑い 50代の弟を逮捕 宮古島市

兄を包丁で刺した疑い 50代の弟を逮捕 宮古島市

宮古島市で午前、50代の無職の弟が同じ50代の兄の脇腹を包丁で刺して殺害しようとしたとして殺人未遂の疑いで逮捕されました。
弟は「兄を刺したことは間違いない」と供述し、容疑を認めているということです。

警察によりますと、10日午前11時すぎ、宮古島市北部の住宅で、50代の無職の弟が同じ家に住む50代で無職の兄と口論になり、台所から持ち出した包丁で脇腹を刺して全治日数不明のけがをさせました。

兄は病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。

弟の呼気からはアルコールが検知されたということで、警察は殺人未遂の疑いで逮捕して事件の詳しいいきさつを調べています。

弟は「兄を刺したことは間違いない」と供述し、容疑を認めているということです。