民間の救急搬送も急増 「これ以上増えれば対応できなくなる」

新型コロナの爆発的な感染拡大が続く中、沖縄県では救急サービスなどを行う民間の会社にコロナ患者の病院などへの搬送依頼が相次いでいます。
会社は「これ以上依頼が増えれば対応できなくなる」と強い危機感を示しています。

沖縄県の依頼を受けて、コロナ患者を病院や入院先が決まるまで一時的に受け入れる「入院待機ステーション」に搬送する民間の会社によりますと、今週に入り依頼が急増しているということです。

搬送件数は今月上旬ごろまでは多くても1日5件程度だったのが、今週に入ると日中だけで5件以上にのぼる日もあり、27日午前9時からの24時間にはあわせて8件の搬送依頼があったということです。

会社によりますと、搬送する患者の8割は高齢者が占めていて、重症化して酸素吸入を行いながら搬送するケースが増えているということです。

27日も容体が悪化し呼吸が困難になっている高齢の男性を手当しながら、「入院待機ステーション」に救急搬送していました。

救急サービスなどを行う「メディトランセ」の加藤篤彦さんは、「私たちも、ずっと出動しているような状態で、これ以上依頼が増えれば対応できなくなる。感染状況がさらに悪化すれば入院もできないし、すごく苦しいのに助けが来ないという状態になりかねない」と強い危機感を示していました。