30匹以上のウミガメひん死に 漁業者「しかたなく刺した」

沖縄本島の西にある久米島で、少なくとも30匹以上のウミガメが血を流してひん死の状態で見つかりました。
関係者によりますと、漁業者が「網にからまり、しかたなく刺してしまった」という趣旨の話をしているということで、町や警察などが詳しく調べています。

沖縄県久米島町でウミガメの保護活動などをしている「久米島ウミガメ館」によりますと、14日昼すぎ、「生きているウミガメが網にからまっている」という連絡が入ったということです。

ウミガメ館のスタッフや久米島町の職員が島の東側にある真謝地区の海に駆けつけたところ、沖合およそ50メートルの潮が引いた海で、少なくとも30匹以上のアオウミガメが、漁で使う網のそばで動けなくなっていたということです。

ほとんどのウミガメの首の付け根に鋭利な刃物のようなもので刺された痕があり、中には、ほかの箇所にも刺されたような痕があるカメもいて、いずれも血を流して呼吸をするのがやっとのひん死の状態だったということです。

15日昼すぎ、町の職員などが現場を確認しましたが、ウミガメは沖合に流されたとみられ、死骸などは見つからなかったということです。

「久米島ウミガメ館」は、14日、死んだウミガメ1匹を持ち帰っていて、今後、死因などを詳しく調べることにしています。

14日、現場に駆けつけた「久米島ウミガメ館」の塚越佳充主任は「カメが繁殖できるようになるまで非常に時間がかかります。死んだカメの中には小さなカメもいて、このような事故にあってしまい残念です」と話していました。

関係者によりますと、漁業者が「網にからまったウミガメを外そうとしたが、かんだりしてできず、しかたなく刺してしまった」という趣旨の話をしているということです。

町や警察などは、目撃者から話を聞くなど詳しく調べています。