市民団体などが那覇市内で集会 基地の負担軽減などを訴える

沖縄が本土に復帰してから50年を迎えた15日、市民団体などが那覇市内で集会を開き基地の負担軽減などを訴えました。

集会は市民団体や労働組合が毎年、沖縄が本土復帰した5月15日にあわせて県内各地を歩く「平和行進」の参加メンバーが「那覇文化芸術劇場なはーと」で開き、主催者の発表でおよそ1000人が集まりました。

はじめに沖縄平和運動センターの上原邦夫共同代表が「復帰から50年たったが基地から派生する事件事故はあとをたたず、繰り返し基地の負担軽減を訴えてきたが、状況は深刻化している」などと訴えました。

このあと会場では「基地のない沖縄、平和な日本、戦争のない世界をつくるために力を尽くすことを誓う」などとする宣言が採択されました。

沖縄市から参加した30代の女性は「基地の不安もなく、楽しく暮らせるようになってほしい」と話していました。