農作業中に熱中症か 農業用ハウスで80代男性2人死亡

今月1日、うるま市内の農業用ハウスで80代の男性2人が倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認されました。
警察によりますと、2人は農作業中に熱中症にかかったとみられるということです。

警察によりますと、今月1日の午後8時ごろ、うるま市豊原の農業用ハウスの中で80代の男性2人が倒れているのを家族が見つけ、その場で死亡が確認されました。

2人は義理の兄弟でともに脱水症状を起こしていて、農作業中に熱中症にかかったとみられるということです。

沖縄気象台によりますと、今月1日は、うるま市内では最高気温26.6度を観測していたということです。

県は農業用ハウス内では気温が上昇しやすいため、長時間の作業は控え、こまめに休憩と水分補給を行うように注意を呼びかけています。