首里城再建 イオン5億円寄付へ

首里城の火災を受けて、流通大手のイオングループは再建に生かしてもらおうと、5年間で5億円の寄付を行うと発表しました。

流通大手のイオングループの代表者らは、6日、県庁を訪れ、玉城知事に対し、首里城の再建を支援するプロジェクトを立ち上げたことを報告しました。

プロジェクトでは、グループの利益から県に対し、近く見舞い金として1000万円を寄付するほか、今後5年間で5億円の寄付を行うということです。

また、今月から九州・沖縄の各店舗に設置された募金箱で集まった支援金と、首里城が描かれているグループのプリペイドカードの店舗利用額の1%分を、首里城を管理する沖縄美ら島財団へ寄付することにしています。

イオン株式会社の横尾博取締役会議長は「我々のプロジェクトに多くの国民や企業が賛同し、再建に向けてそれぞれの立場で何らかの支援をするきっかけになればと思う」と話していました。