鉄道警察隊一日隊長に岡山市出身の俳優・八名信夫さん任命

大型連休中の犯罪や事故を防ごうと、鉄道警察隊の一日隊長に岡山市出身の俳優・八名信夫さんが任命され、JR岡山駅で出発式が行われました。

鉄道警察隊の一日隊長に任命されたのは、岡山市出身の俳優で、父親がJRの前身の国鉄に勤務していたという八名信夫さんです。
出発式では八名さんが「出発するぞ」と大きな声で号令をかけると、隊員たちが「了解」と応えました。
そして八名さんは在来線の改札の前で「気をつけて」と声をかけながら、痴漢や置き引きへの注意を呼びかけるチラシを配りました。
JRによりますと、大型連休中の混雑のピークは下りは5月3日、上りは5月6日と予想され、鉄道警察隊では各駅や列車内での警戒を強化することにしています。
ドラマなどで悪役を務める俳優たちのグループ「悪役商会」のリーダーでもある八名さんは「捕まるほうを60年間ずっとやってきたので、きょうはすがすがしい気持ちです。子どもの手を放さず、スリや置き引きに細心の注意を払って岡山を楽しんでほしい」と呼びかけました。