「110番映像通報システム」10月から運用始まる

110番通報をした人が、事件や事故の現場の映像を、自分のスマートフォンから送ることができる警察の新しいシステムの運用が、10月から始まりました。
早期の事件解決や、事故対応につながることが期待されています。

岡山県警察本部で10月から運用が始まったのは「110番映像通報システム」です。
110番を受けた岡山県警の通信指令室の担当者が、特に緊急性が高いと判断した場合、通報者から事件や事故の現場の映像を送ってもらいます。
通報者は、自分のスマホに送られてきた警察からのメッセージに従って操作することで、現場の様子を中継で撮影したり、保存してある映像や画像を送信したりすることができます。
警察は映像や画像を通じて現場の状況を把握できることから、早期の事件解決や事故対応につなげることが期待できるとしています。
岡山県警察本部通信指令課の本津精二次長は「通報時の映像があると、いち早く対応できるのでぜひご協力いただきたい。そのときは担当者の指示に従い、危険のないよう安全に活用してほしい」と話していました。
このシステムは、すでに導入している兵庫県警を除き、10月1日から全国の警察で一斉に試験運用を始めていて、半年後の来年4月に本格運用を始める予定です。

警察は通常、110番通報を通信指令室で聞き取って、警察署やパトカーに指示を出しています。
警察はこの新しいシステムをひったくりなどの事件や、多くの車が絡む多重事故など、緊急性が高く、ことばで説明することが難しい場面などで使うことにしています。
撮影した映像や画像は通信指令室に送られ、担当者は通報者と撮影しながら会話することができます。
一方、通報者は映像の著作権を放棄することや、撮影している位置の情報を、警察が取得することに同意しなければなりません。
さらに安全な場所で、第三者のプライバシーを不当に侵害しないよう撮影することや、映像を送信するデータ通信料を負担する必要があります。

兵庫県警はこのシステムを、全国で初めておととし10月に導入しました。
ことし7月末までに、このシステムを使った通報が495件あり、傷害事件をめぐり容疑者が逃走した車を特定したケースがあったということです。
また当初は想定していなかった使い方として、行方不明になった高齢者や、迷子になった子どもの捜索に力を発揮しているということです。
これまでは、いなくなった人の服装などを電話で聞き取っていたということですが、写真を送ってもらうことで、どのような顔や体格をしているかや、どのぐらいの身長なのかが、すぐに把握できるようになったということです。