岡山県 新型コロナ561人感染確認 減少傾向が続く

岡山県は27日、県内で561人が、新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されたと発表しました。
前の週の火曜日に比べて70人少なく、減少傾向が続いています。

県内で新たに感染が確認されたのは561人で、新たなクラスターは、岡山市、備前市、総社市、里庄町の高齢者施設5か所と、岡山市と笠岡市の医療機関3か所のあわせて8か所です。
年代別では、10歳未満が121人と最も多く、次いで10代が101人、40代が84人、30代が76人、20代が60人、50代が47人、70代が28人、60代が24人、80代が14人、90代以上が6人となっています。
岡山県内で、一日の感染者が500人台となるのは、ことしの7月19日以来です。
前の週の火曜日よりも70人少なく、減少傾向が続いています。
県内での感染確認は、のべ27万2840人になりました。
また1人の死亡が発表され、県内で亡くなった人は404人になりました。