お盆期間の20日まで夜間に予約なしでワクチン接種 岡山市

多くの人が休むお盆の期間に、新型コロナのワクチンを接種してもらおうと、岡山県は11日の夜から岡山市内の接種会場で、予約なしの接種を行っています。

これは、岡山県が11日の夜から始めたもので、8月20日までの夜間、岡山市北区の県医師会館で新型コロナのワクチンを接種できます。
対象は、接種の回数が▼3回目までの場合は12歳以上、▼4回目の場合は60歳以上などとなっています。
11日夜は会場に多くの人が訪れ、医師の問診のあと、次々とワクチンの接種を受けていました。
3回目の接種を受けた30代の会社員の女性は、「休みに入り、副反応を気にしなくていいので接種を受けに来ました。休みの間は県内にいるつもりですが、安心して過ごせます」と話していました。
岡山県では、感染拡大に歯止めがかからない中、長い休みを取りやすいお盆の期間に接種会場を設けることで、ふだんは忙しい会社員などに積極的に接種してほしいとしています。
岡山県ワクチン対策室の小竹正高さんは、「予約なしの枠はまだ空いているのでホームページで確認した上で来てほしい」と話していました。