笠岡市長 旧統一教会系イベントに「激励金」市長交際費から

笠岡市の小林市長が去年、岡山県を含む全国各地で開催された「世界平和統一家庭連合」=旧統一教会の関連団体が関わるイベントに、市長交際費から「激励金」として5000円を支出していたことが分かりました。
小林市長は、旧統一教会に関係するイベントとは知らなかったとしています。

笠岡市によりますと、去年8月、旧統一教会の関連団体が全国各地で開催しているイベントが、笠岡市内で行われた際に、小林市長が市長交際費から5000円を「激励金」の名目でイベント関係者に手渡したということです。
このイベントは、世界平和を祈願して自転車などで日本各地をまわるというもので、小林市長は7月、安倍元首相の銃撃事件の翌日に、このイベントのロゴが入ったTシャツを着た写真と、追悼文をインターネットのSNSに投稿し、議会で指摘を受けたあと、写真を差し替えています。
市長交際費は、市長が市を代表して外部の団体と交際するのに必要な費用として市の予算から支出されるもので、小林市長は旧統一教会に関係するイベントとは知らなかったとということです。
小林市長は、NHKの取材に対して「当時は世界平和のための純粋な活動と理解していた。今後はさまざまな状況を検討して、対応したい」とコメントしています。