備前市日生町 アマモ増やす活動で漁協と企業が連携協定

「海のゆりかご」と呼ばれ、豊かな漁場をはぐくむ海草の「アマモ」を増やしていこうと、備前市日生町の漁協と地元の企業が連携協定を結びました。

アマモを増やす活動に連携して取り組むのは、備前市の日生町漁協と、耐火れんがなどの製造メーカー「ヨータイ」です。
アマモ場はかつて岡山県の沿岸一帯に広がっていましたが、高度成長期に埋め立てなどの影響で減少しました。
このため日生町漁協では、魚介類が生きていくうえで重要な役割をはたすアマモ場を増やそうと、継続して種を採取して海にまくなど再生に取り組んでいます。
今回の協定で、今後はメーカーの従業員たちも漁協と一緒になって、アマモ場の造成や海洋環境を守る活動に参加していくということです。
耐火れんがメーカーの田口三男社長は「地元企業として従業員一同、日生の海を守っていきたい」と話していました。
また、日生町漁協の田丸和彦組合長は「活動を評価してもらいとてもうれしい。海を大切にする心が生まれるよう期待しています」と話していました。