いぐさ産業PR 早島町で3年ぶりに「花ござまつり」

ござや草履などのいぐさ製品を格安で販売する「花ござまつり」が3年ぶりに早島町で開かれています。

この催しは、かつて全国有数の産地として知られたいぐさ産業をPRしようと、卸業者などでつくる実行委員会が3年ぶりに開いています。
会場の早島町役場の周辺には、早島町や倉敷市内のいぐさ製品のメーカーや卸業者などが出店したおよそ20の店が並び、ござや草履などのいぐさ製品をふだんより安く販売しています。
また、会場の一角には、小さな畳に畳べりを取り付ける体験コーナーも設けられ、訪れた子どもたちが楽しんでいました。
複数のいぐさ製品を購入した地元の30代の女性は「久しぶりにいぐさのいい香りを楽しみながら回らせてもらった。購入した物はおじいちゃんやおばあちゃんにも贈りたい」と話していました。
「花ござまつり」は3日まで開かれています。